ダイレクト広告とブランド広告の違い

###Site Name###

一口に広告といっても、大きく分けて二種類の広告があります。

ひとつはテレビコマーシャルに代表されるような、ブランド広告と呼ばれるものです。


ブランド広告の目的は、消費者に特定の商品やサービスを購入してもらうことではありません。



社名や業界での存在を知らしめるといったことが目的になります。
ブランド広告が成功した場合、消費者に広く自社を認知させることができるようになり、結果として競合他社と似たような商品やサービスを立ち上げたとしても、シェアを勝ち取れる可能性が格段にアップします。
認知度が広がるということは、そのまま消費者に信頼性をアピールすることにもつながるからです。

ただし、ブランド広告の場合大事になってくるのが、継続して行うということ。

そのためにはそれなりの費用と、戦略が必要になってくることは言うまでもありません。


実際、こうした戦略を続けられるのは、それなりの規模の企業に限られているのが現状です。



一方でダイレクト広告は、特定の商品やサービスの販売を目的としたもので、現金化という点においては即効性をもちます。

わかりやすい例を示すと、テレビの通販番組などはまさにその最たるもので、その他新聞や雑誌でも、特定の商品、サービスの名称をうたっているものは、すべてこちらのカテゴリーに入ります。



ダイレクト広告で重要なのは、その文面、あるいは内容で、いかに消費者に購買欲を沸きあがらせることがでいるかという点につきます。

キャッチコピーひとつとっても、ブランド用のものとは大きく異なり、見込み客の欲求に直結したものでなくては効果はありません。



また、購買欲の生まれた見込み客が、その後すぐに購入に至れるような流れを準備することも重要なファクターになります。

実際このダイレクト広告を極めることができれば、コピーライティングひとつで商品、サービスを販売することができるようになり、それは膨大な利益を生むことも可能にしてくれるのです。



http://japanblueberry.com/merit/goods.html
http://www.orient-e.co.jp/5.html
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=300-20130907-60-33111