祖母が安心して暮らしていた老人ホーム

バナー

祖母が安心して暮らしていた老人ホーム

私の祖母が老人ホームに入っていましたので、時々、遠くにいる祖母の顔を見に、家族で老人ホームに行っていました。私は、老人ホームに入るのが初めての経験でしたので、どういうところなのだろうと少し緊張しながら入って行ったのですが、とても優しそうな介護士の方がいらっしゃったり、みんなで集まるホールのようなところも天井が高く、陽の光が照って爽やかな風も入ってきていましたので、祖母がここで暮らしていることを思うと、安心致しました。


老人ホームは、草木に囲まれているところにあり、近くには大きな道路もなく騒音などの心配もないため、祖母を安心して任せられる場所だなと感じました。




祖母は、認知症が少し入っているくらいで、調子の良い時は、自分で少しだけですが歩けるくらい元気でした。



介護士の方もそんな祖母を見て、助けが必要な時はサッと傍に来てくれ、祖母が自分でできることは祖母を傍で見守ってくれ、祖母を尊重してくれていました。



そこの老人ホームで、特にいいなと感じたところは、お年寄りの入居者の方を始め介護士の方も含めて、みなさん家族のように過ごしているところでした。




みなさんのお部屋を出ると、すぐにみなさんで集まるホールでしたので、老人ホームの作りが、みんなで和気あいあいできる優しい作りになっているように感じました。

まだまだ先の話になってしまいますが、もし将来、私が老人ホームに入らなければならなくなった時は、祖母が暮らしていたようなところを選ぼうと感じました。



http://www.jata-net.or.jp/kaiin/index_mem.asp
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/toriatsukai.html
http://www.jata-net.or.jp/kaiin/index_mem.asp